三河地震・大井国民学校校長先生の疎開日誌     9、

Posted at 13/01/10 Comment(0)» Trackback(0)»

名古屋市大井国民学校集団疎開日誌
  付集団疎開解散後廃校に至る
      故村田茂校長日記帳より
       棚 橋 春 夫 寫(第九回)
     昭和21年1月1日~2月28日


昭和21年
1月1日
    式前に山田会長、杉山、富田、大塚、山田(庄)氏へ
    年賀に行く
    10時焼跡運動場にて開式。
1月7日
    来る11日昨年1月13日地震にて死亡せし三十一名の
    児童及島訓導の追弔会を住職主催にて行ふを以て
    下記の通り父兄出席者及児童の俗名法名を善巧寺住職に報告。
      
福浄寺(五年)
   西堀捨造  釈 即 証 * 鵜飼 満  釈 良 満   

   高橋 薫  釈 蓮 生 * 浅野宣彦  釈 知 宣    

   杉本義直  義直禅童子 * 柘植智夫  智照禅童子  

   岡本康良  釈康誓童子 * 竹内拓郎  明星院拓岸恵道童子  

   三浦重之  釈 重 誓 * 村瀬 稔   光明童子 

   野村 勇  不明

妙喜寺(三年)
   島照太郎先生  紫山光照居士 
 
   伊藤弘忠  釈 忠 源 * 大矢邦男  釈 智 邦  

   加藤文雄  釈文念童子 *北 斗 星  釈 忠 星  

   杉本幸造  幸耀禅童子 * 高橋孝道  孝日飯禅童子  

   柘植泰弘  泰然禅童子 * 戸谷昭二  釈 専 証      

   浅井 弘  明弘禅童子 * 栗田行夫 * 児島鉢朗   

   高橋元夫(3名名前のみ)

安楽寺(三年)
   矢島国正  釈正順童子  * 丹羽 弘  弘禅童子 

   榊原光夫  春学開光禅童子* 光崎由勝  梅心素芳童子

   三浦和子  釈尼妙和童女 * 飯田銀子  釈尼妙銀童女

   杉野貞子  妙貞禅童女  *  鈴木美智代  釈尼美智位

1月11日
   始業式
    三和村にては午後1時より善巧寺に於て震災児童追弔会を
    営む、出席す。聯区代表渡辺一郎、後援会代表として富田、
    大塚(之)、山田庄太郎氏の三氏。
    僧侶―善巧寺、安楽寺、妙喜寺、福浄寺、了性寺、妙安寺、
    長円寺、専念寺の住職、父兄の参加13名
    職員出席者、岡本、広山、伊藤、谷口、加知の5訓導。
1月12日
    臨時特別手当20割支払調書提出、今日より中区給食パン
    配給250個となる配給所は熱田きよめ餅店となる。
1月14日
    午前10時より中区校長会。
1月15日
    マッカーサー司令部よりの注文にて教科書の削除修正を
    本日午後4時半までに学務課に提出のため、各校より訓導を
    集め研究の上校長にてまとめ 区会長が市へ持参する。
1月16日
    午後より学務課を訪問し、岡崎、谷口の増傭の件及び
    山田日出世増傭の件を依頼す。
1月17日
    白川学校に行き大野喜三二君に面会不在につき校長に依頼。
1月18日
    午前9時市役所に視学訪問、矢野の件退職を勧奨。
1月19日
    杉山氏訪問―矢野の件、聯区統合の件、味噌汁の件
    山田会長訪問―山田日出世資格任用に関する件―書類調製、
    聯区統合の件。
1月21日
    故島訓導の奥さんに一時扶助料のことにて来校される、
    請求書を出す。
1月23日
    宍戸氏矢野の件にて来校さる。
1月24日
    後藤芳正方の父傭給受取のため来校。
1月25日
    矢野の件にて岩井視学を訪問、同時に小島書記を尋ねて
    松本訓導の恩給に関する履歴書中の年功加傭の件につき
    尋ねる、県へ同道して指導を受く。
1月26日
    午後2時より中ノ町講堂にて全市教員会を結成式挙行。
1月28日
    午前10時より幅下校にて県召集全市校長会あり。
1月31日
    終日家に在りて学級編制表を作る。
2月2日
    学校へ行く、異常なし。
2月4日
   (  )頃中一番寒い、教員会役員選挙、
2月6日
    午後1時より中ノ町校にて教員会役員選挙。
2月7日
    矢野退職願提出、松本年功加傭上申、

2月8日
    味噌汁給食用薪の件にて中川文教課長を尋ねたれども不成功、
    依って 東加茂郡にて契約しあtる200束を解約すべく
    岡崎訓導に依頼。
2月9日
    味噌汁用薪に件、聯区統合の件を聞くため杉山氏を訪問す。
2月11日
    午前9時より焼跡運動場にて紀元節遥拝式を挙行。
2月12日
    午前10時半より橘校にて中区校長会
2月16日
    午前中橘校にて中区南部校長会
2月18日
    視学と懇談の資料たる職員名簿を作る
2月19日
    聯区に一ヶ所、近接の波寄聯区内に天然痘発生す、学童中
    先日種痘に不善感あるものに明日再種痘なすこととす。
2月20日
    岩井視学出張校長会―新年度に於ける人事の件、
2月22日
    午後岩井視学を訪問―人事の件
2月23日
    傭給受領
2月25日
    午後1時半より中区校長会
2月26日
    岩井視学訪問―伊藤訓導碧海郡へ転出の件、
           豊島訓導の庄内校転任の件
2月28日
    特別賞与受付

"三河地震・大井国民学校校長先生の疎開日誌     9、"へのトラックバック

トラックバック先URL

"三河地震・大井国民学校校長先生の疎開日誌     9、"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Produced by Office Einetrie