三河地震・大井国民学校校長先生の疎開日誌     6、

Posted at 13/01/09 Comment(0)» Trackback(0)»

名古屋市立大井国民学校集団疎開日誌
  付集団疎開解散後廃校に至る
      故村田茂校長日記帳より
       棚 橋 春 夫 寫

6月3日
    本日より三日間名古屋勤務。
6月4日
   5,6年男子、海洋訓練のため、近藤、梅村訓導引率して東幡豆海洋道場へ行く。
6月5日
    名古屋勤務、土屋、小川、後藤、矢野4氏の俸給を小使に依頼す。夜源空院、    了性寺、宿縁寺の三宿舎へ2-3月に至る借上料を支払ふ。
6月6日
    朝より借上料支払に廻る。安楽寺は住職、福浄寺葉住職、妙喜寺は住職妻、     善巧寺は住職、長円寺は住職妻、妙安寺は住職妻、専念寺は不在につき       谷口訓導に渡す。
6月7日
    東幡豆海洋道場を見舞う予定なるも強風大雨のため中止。
6月8日
    東幡豆海洋道場を見舞ふ、帰途西尾縁心寺に立寄り住職に会ひて
    借上料を渡す。
6月9日
    本部にて勤務、名古屋空襲のB29四編隊36機を三和村上空に見る。        未だ裳て聞かざる爆裂音なり。
6月10日
    内藤家の茶を摘む。
6月13日
    名古屋へ勤務、12時頃警戒警報間もなく解除。本日午前9時より市校長会ありし    も連絡なきため欠席す。上半期賞与の通知あり。
6月14日
    名古屋勤務、中区校長会橘校にて。
6月15日
    名古屋勤務、職員上半期賞与内規交付さる。
6月16日
    職員上半期賞与の所要額査定を受く。
6月17日
    職員上半期賞与支出調書を持参せしも不備のため返戻。
6月18日
    岡本訓導賞与書類を持参して名古屋に向ふ。
    西浅井区長辻村賢児氏所有の畑3畝を疎開児童農耕地として
    借入の契約をなす。
6月19日
    借り入れ農耕地の整備。
6月20日
    甘藷植付の準備、夜了性寺に招かる(明日応召の祝)
    夜豊橋空襲、焼夷弾攻撃を受く。
6月21日
    朝、了性寺住職の防衛応召を見送る。
6月22日
    少年団解散。学徒義勇隊結成を三和小学校にて行ふ。
6月23日
    朝5時出発、名古屋勤務、本日は御真影奉護当番なり、7時半金山に着く、
    間もなく警戒警報発令、市役所に急ぐ途中解除、視学に会ふ教学課にて用事の    済む頃警戒警報あるも間もなく解除、午後7時再び奉護に出かけ夜二回警報発令    さる。蚤と蚊と警報にて殆んど不眠。
6月24日
    午前7時半奉護の任務を終り、帰る。岡崎、谷口両訓導、昨日召集令状を受けた    りと聞き、直ちに教育会より餞別を持参して専念寺に至るも己に会へず。
6月25日
    今日も名古屋勤務、午後1時より江西校にて幡豆郡疎開学校長会を行ひ5時過ぎ    終了帰宅す。
6月26日
    本日13時岡崎、谷口両訓導、東海第5部隊へ入隊するを見送るため今村に達し    たる時、空襲のため待避、時遅れたれば、直ちに帰途。
    宿縁寺にて事務を執る。
6月27日
    8時10分三和村発のバスにて名古屋に向ひ、俸給を渡す。

6月30日 
    専念寺勤務。
7月1日
    鈴木三和村助役の父葬儀会葬のため、長円寺に赴く。
7月3日
    名古屋勤務、職員賞与受領。
7月4日
    名古屋勤務、傭人賞与決定通知来る。
7月5日
    名古屋勤務。
7月9日
    夜長円寺老僧に招かる。
7月10日
    専念寺加藤昌彦を本日より宿縁寺に移す。
7月11日
    午後4時頃近藤学務課長視察のため来る。
7月12日
    柘植訓導病気、夜本部にて国語の授業をなす。
7月13日
    名古屋勤務
7月14日
    名古屋勤務
7月15日
    幡豆分会に於て震災のため死亡したる児童慰霊祭が西尾国民学校にて
    行われる。岡本教頭と共に参列す。P51来襲のため神社に待避す、
    機銃弾近くに落つ。
7月16日
    午後7時より名古屋へ行き橘校に一泊。
7月17日
    午前8時市役所前に市内校長会集合、御影奉遷を見送る。
7月19日
    夜岡崎及びB29焼夷弾攻撃、児童宮裏の道路に待避す。
7月20日
    P51 上空へ来襲。
7月21日
市 下山氏の来訪を待つ
7月22日 
    豊田校疎開地(西尾中学)に於て幡豆郡疎開校長会。
7月23日
    名古屋勤務
7月24日
    本日も名古屋勤務の日なるも小型機の空襲頻繁のため出発不能。
7月25日
    本日名古屋へ行かんとせしも西尾まで行きしに空襲のため電車運転取り   
    やめのため中止す。
7月26日
    本日も空襲あり、朝職員会を行ふ。
7月29日
    日曜日、東幡豆海洋道場にて市主催にて関係町村長及び校長招待。
7月30日
    小型機の来襲激し。
7月31日
    小型機の来襲激し。

"三河地震・大井国民学校校長先生の疎開日誌     6、"へのトラックバック

トラックバック先URL

"三河地震・大井国民学校校長先生の疎開日誌     6、"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Produced by Office Einetrie